トップ

熾烈さを増す住宅の営業

住宅は空き家問題と相まって、東京都心などを除いて供給が過剰な状態になっています。そのため、今後新築物件を購入してもらおうと思えば、相当な覚悟がなければ営業は厳しいと考えるべき事です。そもそも新築物件に関する信頼が厚い日本では、住宅を中古のものを購入するという発想が余りありません。このことが今までの新築物件販売に繋がっていました。ところが、今後急速に進展する少子化と高齢化の問題があって、購入してもらえるかどうかは分からなくなります。地域によっては購入どころか地域の存続すら危ぶまれる状態になっていくと想定されるからです。販売競争は熾烈になることが容易に想定されています。

展示会による営業の手法

住宅の営業に関しては展示会のイベントを開催して、お客様に展示している家を紹介したり、契約をした後に販売の手続きをする仕事が主体になっています。昔のようにスーツを着て歩きながら飛び込みでお客様の自宅を訪ねて、住宅の販売活動をする風景は見かけなくなっています。展示場などで着て頂いたお客様に商品を見てもらって、展示している商品を見ながら将来的に住みたい事を考慮してニーズに応える事で、展示場でお客様の納得させる営業スタイルに変化しています。展示している家では短時間であっても販売している家の様子を実感できるので、お客様にとって合う家を選びやすいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅営業の方法について. All rights reserved.